mammy’s care diary

mammy careスタッフによるブログです^^

孤立するということのストレス

お久しぶりです(^^

年も明けてそんなに経ってない様で世の中は様変わりですね


新型コロナウイルスって薄っすらテレビで聴く様になったのが1月で、そこから1ヶ月で、新型コロナウイルスしか聞かない日々が訪れましたね


もちろん世界的に大変なことであることはニュースみてたらわかるし、お亡くなりになられた方も世界的に増えていることも、わかってるんで、そんなことをブログに書き記すつもりはなく。


私が伝えたい【大変なこと】は

        『孤立』

     f:id:mentalsavior:20200313221701j:plain

現在学生達は休校、地域によっては保育所や学童以外は全てお休みの状況です。


それにより働く親達の仕事のことや、若者が街に繰り出して困るとか、そういうことも、ニュースやワイドショーが取り上げて問題視してるんで、いいんです。


私が言いたいことは、


家に孤立してしまうことがどれだけ精神的にダメージを与えるかと言うこと。


全国的な休校がスタートして1週間。


ワイドショーで取材されている家族もたった1週間で「ストレス溜まりますね」「子どもたちもイライラしてます」などインタビューに答えていました。


世の中がコロナコロナ、感染者だ死者だと発してることも不安だしストレスですが、

今行動が制限され楽しいことも取り上げられ孤立を強いられていることがジワジワと強いストレスに変わっていっていると思います。


これは、今回新型コロナウイルスが発生したことで、世の中の人々が孤立がどれだけ強いストレスと変わるのか気づかれたことだと思います。


mammy careを行っている私からすると、

これは不幸中の幸いだと感じています。


今は世の中全体が個々で孤立状態を強いられてますが、私たちが関わっているお母さん達は育児の間、毎日孤立を感じています。


特に産前産後、思うように動かない自分の身体に、全身全霊で守らないといけない子どもとの孤立。


それが何ヶ月も続きます。


コロナウイルスによる自粛は日本はまだ始まったばかり。

それでも世の中全体がストレスに包まれています。


状況は違えど、物理的にも精神的にも『孤立する』ことがどれだけつらく苦しいことか、身をもって感じて、育児中のお母さん達が孤独と戦いながら育児や家事をしていることを知ってもらいイメージしてもらえたらなと思ってブログに記しました。


mammy care観点でコロナウイルスによる孤立について、ここでは書きましたが、孤立がつづくことはどんな場面でも良いことではないのです。

考えも偏りまとまらず、不安定になっていきます。

誰かと話しましょう。

誰かと会いましょう。



私たちは、孤独や孤立にならない様、皆さんのもとへ、出向きます^_^

初挑戦!!!


お久しぶりです。

産後ケアリストのあゆみです。


だいぶ、投稿できておらず、すみません💦






早速本題へ………


今回、訪問看護ステーションこころみの挑戦が始まります!!!笑笑




何かと言うと…












12月22日の日曜日!

吹田で!!












マルシェに参加することとなりました!!!

(パチパチ👏)




先日チラシも届き、当日まであと10日!


今準備を着々と進めています(o^^o)

とにかく初めてのことなので、マルシェの達人にも協力してもらいながら、なんとか準備しております。




出店内容はアロマハンドトリートメントで癒しを提供します。

さらに、希望の方はアロマを使ったハンドクリームやミストを作るワークショップもありますよ(*≧∀≦*)


さらにお知り合いの方も缶バッチ作りのお店ででます。

そちらもよかったら行ってみて下さい(o^^o)





日曜日ですが、家族や友人を連れてぜひ吹田にきて遊びに来てくださいませ^ ^ 

f:id:mentalsavior:20191212132422j:plainf:id:mentalsavior:20191212131655j:plain


【高槻市】東山産婦人科さま

だいぶ肌寒くなってきました^_^


みなさん体調を崩してはないですか?

うちは事務スタッフ(イケメン事務)が「娘の風邪がうつりました」と鼻詰まりに苦しんでおりました😃


小さな子どもを抱えるスタッフが多いうちのスタッフ達は子どもの風邪がうつるとどれだけしぶといか…よくわかっております🙄


みなさんもご注意くださいませ‼️


さて、今回は高槻市にあります

東山産婦人科さまのおはなし^ ^


先日東山産婦人科の東山院長先生の貴重なお時間をいただき、私たちの取り組みについて聞いていただけることになり、例の如く緊張で「オォエェ!」となりながらも(笑)プレゼンテーションをしてまいりました^ ^


院長先生と助産師さんが真剣に聞いてくださり、共感してくださり、先生が感じる産婦人科から行政とのつながりの難しさなど話してくださいました。

私たち訪問看護のように頻度を増やしてお母さん達へ関わってくれるような事業所があるのはありがたいと言っていただけ、更に産婦人科と精神科との繋がりにおいても、産科医としての意見を僕から伝える役割もやろうじゃないかと心強いお言葉も頂けました🙏


とても熱い先生で、何より妊婦さん褥婦さん

「お母さん」を一番に考えて診療に携わっておられる、その思いが私たちのさらなる原動力になりました‼️


東山産婦人科さまのホームページより

     f:id:mentalsavior:20191025003426j:plain

お約束5の輪の中に私たちが貢献できるよう頑張ります‼️


http://higashiyama-lc.jp/





mammyのメンタルケアってとても大事で、みんなが通る道なんだよ!ってはなし

こんにちは!ナースのきみこです^^

ちょっと涼しくなってきましたね!私はこの季節が大好きです。

続きを読む

こころみ+mammy care がフリーマガジンに掲載?!

前回のブログに関連した話^^

 

 

私たちの取り組みを多くの人に知ってほしいのです。

 

お母さんや、お母さんを取り巻く人々にも、こんな人たちがいるんだ!!

 

って知ってほしいのです^^

 

それは難しいことではなく、物事をよくして行くためのツールって思ってほしい。

それはどうしたらいいかな?

 

と考え、うちの子供たちが通っている体操教室に置いてあったフリーマガジンに目が止まり。

ママ向けに作られており、子育ての知恵や困りごとや便利情報がてんこ盛り!

 

おおおーーー!!!

これなんじゃないですかね???

 

早速連絡!

 

連絡してみると、編集部はみなさん子育て中のママさんたちで構成されているのでお話は午前中が良いと言われるじゃないですか!

 

なんと素敵な職場!!!

 

午前中でアポをとり、面談当日^^

 

代表理事の編集スタッフのお二人

 

お二人とも、素敵な方で^^

 

取り組みの説明を聞いてビックリ!

代表理事の方はこの事業を始めるきっかけがやはり子育てから。

妊娠出産育児を通して孤独や社会から取り残されているような感覚に苛まれ、お母さんたちの居場所や活躍の場を!と考え始められたそうです。

 

お子さんの子育てにもたくさん苦しい思いも抱かれたり、印象に残ったエピソードで

 

母子手帳の保護者の記録の部分に「子育てについて不安や困難を感じることがありますか?」と言う質問事項に「はい」と書けなかった。親としてバッテンがつくような気がした。

 

と言われていました。

 

きっとそんな風に感じてかけないお母さんはたくさんいるのかもしれないと。

 

 

ちなみに私は・・・

f:id:mentalsavior:20190923200112j:plain

ナースきみこの自信満々「はい」

なんのためらいもなく『はい』・・・

5歳まで全部「はい」・・・

 

ママトリエ代表理事の方のその思いにとても感動し、ママトリエに私たちの取り組みを掲載してほしい、そして多くのママに手に取ってもらい、知ってもらい、ママトリエの編集者の方々の思いを一緒に共有して行きたいと思いました!!!

 

これから掲載に向け打ち合わせしていきます!

 

また経過をブログに載せていきますね^^

 

f:id:mentalsavior:20190923200753j:plain

ママトリエ

北摂地域の市役所などに置いてあります^^

産後ケアリスト参上!!!

お久しぶりです( ^ω^ )

産後ケアリスト兼保育士のあゆみです。


やっぱりコツコツ投稿できなかった💦

いつも三日坊主。これではいかん!!

週に1回ぐらいは投稿するように頑張っていこうと決めた今日この頃です。

いつまで続くか乞うご期待!!!笑




最近日中は晴れているのに夕方になるとバケツをひっくり返したかのようにザーッと雨が降ったり雷が鳴ったり…まだまだ不安定な天気が続くみたいですね(*´Д`*)

北九州の皆さん。自分命は自分で守ってどうか被害に遭われないように祈っています。


なんでこうも雨が降ると憂鬱な気持ちになるんだろう…

でも、食物や生き物にとったら恵みの雨なんですよね(*^▽^*)

私達が生きていく為には食べ物が必要なのでありがたやーーー!!!






話は本題へ!!!



今日は産後ケアリストについて…ちょっとばかり興味を持ってもらえたらと思います。



産後ケア…

産後うつ

産後ノイローゼ…


最近少しずつ産後◯◯と聞くようになった人もいるかもしれません。


今は国も地域包括支援センターなど子育てに関係する部署を作るようにとそれぞれの市に言っているぐらい産前産後のママの為の支援が必要になってきています。



そこで活躍するのが………!!

そう!産後ケアリスト!!!!👏👏👏

(へ〜!と思った人はそのまま読みましょう。笑)


産後ケアリストはまだまだ名前の知られていない資格かなぁと思います…😢


産後のママは妊娠前の体に急激に戻そうとすることで、ホルモンバランスが崩れたり、身体が思うように動かなかったり…

入院してからの自宅へ帰宅の方もいらっしゃると思います。

でも、我が子はそこにいる。

体にムチを打ちながら子育てしている事と思います。

旦那さんは仕事している。でも、自分ではどうしようもなく旦那さんに頼ってばかりいる。

なんで私はこうなんだろう…

母親としてダメだ…


と思ってしまうママの声をたくさん聞きます。

でも、それでいい!!!!

だって2人の可愛いベビちゃんだから❤️


子どもはママとパパの子どもですが、子育ては2人だけでしなくてもいいんです!!!

身近に力を貸してくれる人がいるならその人に頼る!

頼れる人がいない人は産後ケアリストの力を借りる!


みんなで子育てしていきましょう(*^ω^*)





長くなってしまったので、産後ケアリストの仕事についてはまた次回のお楽しみにしておきます。笑




産後ケアリストは産後ママを、全力でエコヒイキします!!!






産後ケアリストあゆみでした。



絵本に癒される

こんにちは!

ナースのきみこです^ - ^

 

まだまだ暑いですが、セミの鳴き声が聞こえなくなってきて、えー…そんなひっそりいなくならなくても…と^_^

 

今日は、ママへおススメの絵本の紹介です(^^)

 

これは、子どもへ読み聞かせもいいですが、お母さんたちが少し疲れた時、読んで欲しい一冊です。

【ちいさなあなたへ  some day】

ぶん アリスン・マギー

え  ピーター・レイノルズ

やく なかがわ ちひろ

                     f:id:mentalsavior:20190824211255j:image

 

わたしが、この絵本と出会ったのは我が家の双子が2歳の頃

 

仕事復帰をして1年。

目まぐるしい日々に追いつかない気持ちと身体がつらいと実感する暇もない時に、誰かのブログで紹介していて、何となく購入

 

読み進めるたびに溢れてくる涙に、

あぁ…私やっぱり心が疲れてるなぁ…と実感しました。

 

子育ての時間はほんの一瞬。

 

永遠に続くのかと途方に暮れていた新生児期から当時のころでも、子どもたちの成長はあっという間に感じていたし、その先もあっという間なんだろうな。

 

「ママー!」と抱っこを求める広げた両手もそのうちしてくれなくなる。

 

毎日の子どもたちを見逃してはいけない、その現実に想いを馳せる時間になると思います。

 

そしていつか、我が子たちにプレゼントしたい一冊です^_^